食卓の周辺

アクセスカウンタ

zoom RSS 2007年茨城アイガモ水田トラスト収穫感謝祭へのメッセージ

<<   作成日時 : 2007/11/12 19:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

 11月11日(日)茨城アイガモ水田トラストの収穫感謝祭を行いました。
参加出来無い方には、毎年、メッセージで参加して頂いています。
今年も、9人の方が、メッセージで参加してくれました。
そのいくつかを抜粋でご紹介します。
画像

              <収穫感謝祭に寄せられたメッセージ>

 「身近にある、お米でこんなデザートが出来るなんて教えていただかなければわかりませんよね。世界のお米料理の本を書かねばなりませんね。」・・・フィリニをおしえてくださったお料理の先生から。
画像

           <収穫祭用に作ったお米と豆乳のフィリニ>

 「先日の食のアンケートNHKに送りました。テレビも見ましたがそれぞれの主張を強調しあうだけで、かえって不安が増しました。地域だけ、日本だけの問題では解決できないテーマですがだからこそ、より地域でのこだわり、そのこだわりの広がりに努めることの大切さを痛感しました。」・・・アイガモ水田トラスト初年度からの会員さんから。

 「田んぼや水路でずーっと楽しいそうに遊んでる子供たちをみてると、来てよかったなと思わずにはいられませんでした。
 子供って田んぼや、虫や花や川や土で一日中遊べる物なんですよね。それらがあれば、テレビもゲームもおもちゃもお菓子もいらないんだなぁと、思いました。そうして、そういうものたちがいる環境こそが、子供たちに必要なことを教えてくれるんですね。虫にまみれて、泥にまみれて力強く育って行ってもらいたいものです。」・・・3人の小さいお子さんを連れて稲刈りに参加したお母さんから。
画像
           <田んぼの水路で夢中で何かを探す子供たち>

 最後に、このブログの管理人からのメッセージです。

今年もみんなで種をまいて、田植えをして、アイガモ育て、稲をそだて、収穫をし、料理をして、美味しく、楽しく収穫に感謝いたしましょう。
生産者の方々も無事に作業を完了し、お米も豊作で、アイガモ達も元気に成長しました。
ほんとによかった、有難い。
2週間一緒に過ごしたコガモ達のことを思うと胸が痛いけれど、この痛みは私たちが他の命を頂きながら生きねばならないことの存在証明だと受け止めます。

現代の私たちの食卓は、つねに激動する世界とつながっています。
世界は遺伝子組換え作物、バイオエネルギーを経て、遂にと言うか、やっぱりと言うか、食料争奪の時代に突入しました。
そんな世界をしっかりと監視しながらも、今こそ私たちの足もとをしっかり固めなければと思います。
今なら、まだ間に合うかもしれない。食べる側も作る側としっかりスクラムを組んで一隅を照らしつづければ・・・。光と光がつながれば・・・。

私たちにできることは、食べ物を賢く選択し、危ないものには”いらない!”とはっきり声を出すことです。
お金さえだせば・・・ではなく、少しでも自分、あるいは仲間たちとのコラボで作る努力を積み重ねていきましょう。
たった一度の人生を健康で幸せに生きるために、真に豊な社会に生きる為に、そして、
明るい未来を子供たちへ伝えるために。
私たち一人一人の力は小さいけれど、社会を、そして世界をかえる力があるのです。

みなさまへ
「遺伝子組換え食品の表示改正を求める100万人の署名」へ引き続きご協力をお願いいたします。賢く選ぶために・・・。

署名用紙のダウンロードはこちら
画像

         <「100万人の署名運動」の記者会見。2007・3・1東京国際フォーラム>


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
フィリニってなんかイタリアっぽい名前ですね、どこの食べもの?あ、バングラですか。へぇ〜、なんか洒落てますね。ところで、イタリアでは2ヶ月で300万人集まったそうです。日本も気合入れていかなくちゃね!
アキコ
2007/11/14 23:22
日本では、私たちも含めて95団体が8カ月かかって集まった署名が115,650筆。イタリアと日本、署名集めの手法の違いはあるようですが、一体この違いはどこから来ているのでしょう?私も大いに悩んでいます。
へいわねこ
2007/11/15 21:27
若い人たち、どうですか?生きることに燃えていますか?なんか私たちおばちゃんたちだけが燃えてるだけじゃしょうがない。若い年代にも燃えてもらわないと。ヨーロッパは老若男女、み〜んな揃っています。
アキコ
2007/11/19 18:45
トラストへ参加する人は4歳〜85歳まで老若男女揃っています。若い人達(30代以下)は、「燃えている」という表現がふさわしいかどうか分かりませんが何とかしなくてはという、真摯なものを感じます。燃えているという表現に最もふさわしいのは、アイガモ農家のみなさんです。農家を応援していたつもりが、農家に応援されていたようです・・・「あんた達消費者がしっかりしないといけないよ」と。
へいわねこ
2007/11/21 00:49
消費者がしっかりしないとね、ホント、スウェーデンの農家さんたちも同じこと言いそう。私、まだまだ燃えてますよ〜!日本の若い人は「楽しいこと」がいいんだね。やっぱり。まぁ、いいや、アキコは燃えるの好きだから。人は人、自分は自分ね。
アキコ
2007/11/30 20:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
2007年茨城アイガモ水田トラスト収穫感謝祭へのメッセージ 食卓の周辺/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる